FC2ブログ

パナソニックのデジカメ『DMC-TZ7』の液晶を交換しました 

4年半ほど前に購入したパナソニックのデジカメ
『DMC-TZ7』を落としてしまい、液晶が割れてしまいました。

既に流行りのミラーレス一眼を買ってしまったのですが^^
子どものおもちゃ用として修理してみました。

ネットオークションで液晶が破損していない
ジャンク品を購入すれば一番安くで済むかもですが、
探したときにいいのが出品されておらず、
待ってて熱が冷めるのも嫌だったので
パーツをネットショップで購入して修理することにしました。

修理するにあたり、下記のページを参考にさせていただきました。

■DMC-TZ7のバラし方
http://matsup.blogspot.jp/2011/11/tz7-631tz7tz10lumix-200coolpix.html

■配線をコネクターからはずす方法
http://atstudiota.exblog.jp/15763766

購入したのは純粋に液晶だけのパーツだったので(交換時に気付きました;)、
裏ぶたから液晶を取り外すまでも結構大変でした。

(正直途中で一度諦めました。
ダメもとでやるならいいですが、
自信がなければ専門家にお願いした方がいいかもです)

配線はコネクターの奥まで差し込まなければ液晶がつかないので注意が必要です。
奥まで差し込んだ場合、グッと手応えがあると思います。

ご参考まで☆

『net.USB』の接続・切断ができなくなったときの対処方法 

無線LANルータのnet.USBで接続しているハードディスクがなぜか途中で反応がなくなりました。
タスクマネージャーでnet.USBを強制終了させたら、自分が使用中の状態(実際には使用できていない)で切断できなくなってしまいました(切断中と表示されたまま先に進まなくなる)。

net.USBを再起動したり、再インストールしたり、
パソコンを再起動したり、ハードディスクを再起動したり、
他のPCから切断要求を出したりしましたが、改善されず。

結局、無線LANルータを再起動したら直りました。

普通に考えれば分かるかもですが、
無線LANルータが接続・切断の制御をしているんでしょうね。

メモしておきます。

『net.USB』の紹介ページはこちら(あまり流行っていないですが^^;)↓
http://www.iodata.jp/product/network/info/netusb/

Logicoolのサポート、とても好印象でした! 

先日、自宅で使用しているノートPCのマウス、Logicool『M325』の調子が悪くなりました。

具体的には、ブラウザなどの縦スクロールがホイールで操作(回転)した通りに動かず、誤動作するという事象。
電池を交換したり、無線のレシーバーを別のUSBポートに付け替えたりしても直りませんでした。

Logicoolのサポートに電話して事情を説明したところ、
交換してくれるということで保証書と納品書の写真をメールで連絡。
わずか5日程度で自宅に新品が届きました。

サポートの対応が迅速・丁寧で好印象だったので、この場で宣伝しておきます☆

LOGICOOL ワイヤレスマウス Unifying対応レシーバー採用 ダークシルバー M325DSLOGICOOL ワイヤレスマウス Unifying対応レシーバー採用 ダークシルバー M325DS
(2011/04/28)
ロジクール

商品詳細を見る


※『M325』のホイールの操作感が交換前後で変わっていました。
先に購入した方(2012年1月)はスルスルという感じで、
交換してもらった方(2013年2月)はジャリジャリという感じです。

先に購入した方は「ホイールがスムーズに回りすぎ;」と思っていたため、
個人的には交換品の方が使いやすいです。

LogicoolのHPを見ても特に情報はなかったのですが、
いい方にとらえるとユーザの意見を取り入れて改良したのではないかと^^;

仮にそうであれば、積極的にアピールした方がいいですよね!

iTunesカードの狙い 

とある本に、iPhoneアプリの購入率がAndroidと比較して高い理由のひとつとして、iTunesカードの存在が挙げられるとありました。

Appleが、iPodの頃からiTunesカードによって、クレジットカード番号を入力するのに抵抗がある人にもネットで買うことの便利さを感じさせる土台をつくっていたと。

もちろんそれだけではないと思いますが、買ってもらうためのアプローチとしてなるほどと思いました☆

『WiMAX』なかなか快適でした! 

引っ越しにともない、ネット環境をどうするか検討しました。
今回は、候補に挙げた『WiMAX』の利用レポートです!

まず初めに、ご存知の方も多いかと思いますが『WiMAX』について軽くご説明。

『WiMAX』は『UQコミュニケーションズ』が提供する、
高速でワイヤレスなインターネットサービスのひとつです。

自宅はもちろん、外出先や移動中など、
いつでもどこでもインターネットが高速で楽しめるとのこと。
速度は下り最大40Mbps、上り最大15.4Mbpsで、たくさん使っても速度制限なし。
利用料金はプランによりますが約¥4,000です。

UQコミュニケーションズは、このWiMAXを「15日間無料で試せる」という
なんとも太っ腹なサービス『Try WiMAXレンタル』を提供していて、
今回はそれに申し込んでみたというわけです^^

申し込み後、3日目にWiMAXのWi-Fiルーターが到着。
WiMAXは無線なので、ルーターをコンセントにつないだ後、
手持ちのスマホやPCで検索して接続するだけ。
設定はとても簡単です。

自宅がある川崎市のとある場所
(HPでのサービスエリア確認結果は「○」(快適に利用可能))での
実際の速度は下りが約12Mbps、上りが約4Mbpsでした。
(androidアプリ『Speedtest.net』で計測しました)

ルーターを置いた場所が家の中心部だったので、
設置場所を窓際とかに変えればもっと速度が出たかもしれません。
23時頃、たまに接続が切れることもありましたね。

また、普通にネットを使う分には意識しないと思いますが、
自宅にサーバを置く方はグローバルIPアドレスが必要だと思います。
今回割り当てられたWAN側IPアドレスは、クラスAのグローバルIPアドレスでした。
ただし、HPにはグローバルIPは保証されていないと書いてあったので注意が必要です。

と、いろいろ書きましたが、結論。
自分はWiMAXを申し込みませんでした^^;

ファミリーなので、なんだかんだで家に固定電話が欲しいのです(※1)。
独身であれば、間違いなくWiMAXにしていましたね!

外出時にWiMAXのモバイルルーターを持ち歩くのは多少荷物が増えるかも知れませんが、
ネットとケータイのパケホーダイを合わせて約¥4,000という安さはとても魅力的です。

ちなみにUQコミュニケーションズはKDDIグループだそうなので、
auのケータイを使っている方ならもしかするとお得なことがあるかも?!
(詳しくは調べていません…)

引っ越し時は回線工事などでネットが使えるのが遅くなることもありますので、
他のネット回線がつながるまでの代わりとして
『Try WiMAXレンタル』を使うのもありだと思います^^;

なお、一概にWiMAXといってもプロバイダはいろいろあります。
料金やサービス、割引等に差がありますので、
試して気に入ったらそこら辺も検討してみてください☆
(個人的には『BIGLOBE』がいいかなと思いました)

『UQ WiMAX』のHPはこちら↓
http://www.uqwimax.jp/

※1.固定電話というか、子どもの連絡網(今もあるのかな?)用に普通の番号が欲しかったのです。
光回線にして光電話という選択肢もありましたが、
引っ越し先は戸数が少ないアパートなので戸建てタイプの契約となってしまい、料金が割高でした。

引っ越し前はCATVで実質下り2Mbpsでしたが、速度に不便は感じていませんでしたので^^;
今さら感は若干ありますが固定電話+ADSLにしましたw